活性酸素 アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎や皮膚トラブルはこのよう複合的な要因によって起こります。

  • アレルギー(食物アレルギー)
  • 環境的要因(ノミ、ハウスダスト、カビ、虫)
  • ストレス

 

皮膚は外界と体内を仕切る膜の役目がありますので、皮膚トラブルには、環境と体質が深く関わっているといえます。
近年、なかなか治らない皮膚炎を抱えたワンちゃんが増えています。
少し前であれば、ワンちゃんは外で飼われるのが当たり前、身体に有害な物質が侵入すると体内の活性酸素が退治してくれました。
しかし、今は環境の整った室内で飼われるのが普通、良質なご飯が食べられます。体内には過剰な活性酸素が残ってしまうという状況を生み出し、皮肉にも体自体を攻撃するようになってしまうのです。

 

活性酸素を放置した場合の身体への影響

  1. 遺伝子(DNA)にキズ
  2. ガン、細胞の奇形

  3. 過酸化脂質になり血行障害
  4. 臓器機能低下、血流障害、運動機能低下、体調不良

  5. 細胞にキズやサビ
  6. 胃潰瘍、筋肉へのダメージ、疲労蓄積、炎症、細胞の老化、関節系炎症

  7. 肥満細胞を傷つけヒスタミンを発生
  8. アトピー性皮膚炎、腫れ、ぜんそくの発作、呼吸器系炎症

 

内側美犬は13種類の抗酸化物質で、複合的に作用して活性酸素除去能が著しく上昇します。
つまり継続的に摂取することで、体内に過剰発生した活性酸素をどんどん除去してくれるのです。

 

内側美犬

page top